Q&A

よくあるご質問

株式会社傳田聴覚システム研究所は、お子さまの眠れる才能を開かせる画期的な聴覚トレーニング「ブレインスイッチ」をご提供しています。当社に寄せられるご質問にQ&A形式でお答えします。

右脳教育ってなんですか?

脳には、右脳と左脳があり、右脳は知覚や感性、想像力、直感力などを司っていると言われています。右脳教育とは、右脳に刺激を与えることでお子さまの眠っている脳の力を引き出すトレーニングのことを言います。

聴覚トレーニングをするとどのような効果があるのでしょうか?

傳田式聴覚トレーニングの効果は多岐にわたります。右脳の適切な刺激を与えることで、音楽や芸術の才能開花語学力向上集中力・記憶力向上に効果を発揮。さらに、自閉症・鬱症状の改善など、「心」に作用する例も報告されています。

何歳くらいから使用できますか?

ヘッドホンを使用しますので首のすわる前、すわったばかりのお子さまには使用できません。具体的には1歳~1歳半程度からご使用いただけます。 ※「ブレインスイッチBOX<ブリランテ(ウルトラ)>」のみ、ヘッドホンではなくスピーカーシステムを使ったトレーニングですので、小さなお子さまでもご使用いただけます

長時間だと子どもが集中して聴いてくれないのですが……。

問題ありません。お子さまが途中で飽きてしまうのはよくあることです。一番よくないのは無理強いをしてしまうこと。1日5分の短時間でも構いませんので、続けることが一番大切です。逆に「聴きたい」というお子さまには決して我慢させずに好きなだけ聴かせてあげるようにしてください。

聴覚トレーニングの音量はどれくらいがいいですか?

聴覚トレーニングの音量は大きすぎても小さすぎても十分な効果を発揮できません。使用する人それぞれに適切な音量で聞くことが重要。お子さまに聴かせる場合は、音量はお子さま自身に調整させてあげてください。目安として「ちょっと大きいかな」と思うくらい、と教えてあげましょう。

「ブレインスイッチBOX」付属CDのうち、1枚がすごく気にいったので毎日聞きたいのですが……。

「ブレインスイッチBOX」のCDは、内容を覚えてしまうことにより脳への刺激が徐々に少なくなっていきます。そのため、効果を最大限に発揮させるためには、毎日別のCDを聴くことが大切です。できるかぎり別のCDを聴くようにしましょう。

「ブレインスイッチBOX」の付属CDは繰り返し聴いたので、別のCDがほしいのですが……。

BOXとは別にCDのみの販売も行っています。付属CDを何度も聴いて覚えてしまったという方は、ぜひご利用ください。

ヘッドホンは別で買ったものがあるので、CDだけ購入したいのですが……。

当社の聴覚トレーニングは、専用のヘッドホンを使用したときに最大の効果を発揮するように緻密な音作りを行っています。そのため、それ以外のヘッドホンを使用しても大きな効果は期待できません。最初は、専用ヘッドホン付きのセット「ブレインスイッチBOX<ベーシック>」のご購入をおすすめします。

大人にも効果はありますか?

もちろんです。傳田式聴覚トレーニングはお子さまの右脳教育だけでなく、大人の方の語学力向上やストレス解消、うつ病改善などにも効果を発揮します。ぜひ、ご家族でご使用ください。

パソコンで聴覚トレーニングはできますか?

可能です。ただし、パソコンで再生される音は必ずしもいい音ではありませんので、そのま専用ヘッドホンを接続してトレーニングしてもあまり効果が望めません。パソコンで聴覚トレーニングを行う場合は、USBオーディオ「DenDAC(デンダック)」の使用をおすすめします。驚くほど音質が向上し、パソコンによる再生でもトレーニングに最適なリスニング環境をつくり出します。 ※パソコンに取り込んだ音源は使用せずに、必ずCD音源でトレーニングを行ってください

iPod、WALKMANなどのDAP(デジタルオーディオプレーヤー)に取り込んだ音源でも聴覚トレーニングはできますか?

申し訳ありません。リッピングした(取り込んだ)音源は圧縮・非圧縮にかかわらず、少なからず音質に劣化・変化が見られ、本来のトレーニング効果を発揮することができないため、トレーニングにはご使用いただけません。トレーニングを行い際は必ずCDの音源で行うようにしてください。 なお、CD再生機に十分な性能がない場合、伝聴研のヘッドホンアンプ「DenAMP-HP」をおすすめしています。お手持ちのDVDプレーヤーに接続することで、どんな格安のプレーヤーでも圧倒的高音質のCDプレーヤーに変えることが可能。手軽に驚くほどの高音質を手に入れることができ、なおかつトレーニング効果も抜群です。

他社にも聴覚トレーニングや右脳開発の製品がありますが、違いはありますか?

他社に製品に関しては詳細が不明のため、安易に比較することは困難です。しかし、伝聴研の聴覚トレーニング製品は、独自の特許技術を使ってつくられているということだけは確かです。伝聴研が開発した計38の項目について特許が認められたということは、他に類のない独自の技術であるということを示しています。国内特許番号は第3232321号で、(聴覚訓練方法および聴覚訓練用言処理方法および聴覚訓練用言処理装置ならびに聴覚訓練用記録媒体)という名称です。 米国・韓国でもすでに特許を取得しており、さらに複数の国に特許出願中です。

眠った潜在能力を呼び覚ます!傳田聴覚システム研究所の右脳教育システム「ブレインスイッチBOX」お問い合わせはこちらから