幼児・児童への右脳教育の必要性・効果

なぜ幼少期に右脳教育が必要?

右脳は想像力や直感力を担う脳で、「感性の脳」とも呼ばれます。天才と称される偉人や有能な学者、著名なアスリートには、この右脳を優位に働かせ、ひらめきによって能力を発揮する「右脳型」が多いと言われているのはご存知でしょうか。これは、持てる才能を十分に働かせるために右脳の活動=感性が非常に重要であることを示唆しています。

幼少期こそ右脳教育が大切

一般的に、生後0~6歳ころは論理的思考を行う左脳が十分に育っていないため、「感性の脳」右脳が優位に働きます。同時にこの時期は、周りから情報をどんどん取り入れ、人格や情緒の形成に大きく影響する期間。――つまり、「感性によって育つ期間」とも言い換えられます。

右脳が活発に働く幼少期に右脳教育を行うことで、感性が磨かれ、周りから入ってくる情報の捉え方に変化が現れます。――つまり、これがのちに「才能」と呼ばれるものの"種"。情報の吸収力が向上することで成長力が向上し、成長力が違うから大きな差が生まれます。だからこそ、幼少期から右脳教育を行うことが非常に大切なのです。

右脳教育の効果

幼少期からの右脳教育がお子さまにもたらす効果は実にさまざま。代表的なものとして、

が挙げられ、傳田聴覚システム研究所の右脳教育システム「ブレインスイッチBOX」利用者の方からも多くの体験談が届いています。また、ほとんどのスポーツは一瞬のひらめきや先を読むイメージ力が重要なため、著名なアスリートには右脳型が多いと言われています。このことから、スポーツの才能にも好影響があるという報告もあります。もちろん情操教育にも効果を発揮。創造的・独創的な感性と豊かな人間性を育みます。

「聴覚トレーニング」で右脳開発

傳田聴覚システム研究所の傳田式聴覚トレーニング「ブレインスイッチBOX」は、右脳開発に最適な商品です。付属のトレーニングCDには、厳選されたクラシック音楽に特定の周波数の「取り出し・除去・左右のバランスを変える」などの特殊加工を施した音源を収録。さらに、これらの音源を聴くために作られた専用ヘッドホンを同梱しています。

本CDに収録された特殊な音の一つひとつが脳幹前頭葉を刺激し、とくに右脳の眠れる力を目覚めさせます。

眠った潜在能力を呼び覚ます!傳田聴覚システム研究所の右脳教育システム「ブレインスイッチBOX」お問い合わせはこちらから